プーリア
プーリア州はブーツのような形をしたイタリア半島先端の、アドリア海と地中海に面する場所にあります。
古代ギリシャの伝統を守りながら、様々な文化の融合を繰り返し、独自の文化が形成された地方です。
プーリアのワイン作りの文化は紀元前14世紀頃の古代フェニキアの時代に始まったと言われています。
ネグロアマーロ(南部イタリア原産の赤ワイン用のぶどう種)がその時代にプーリア州に入り、
紀元前8世紀頃にはワイン作りに充分な規模のぶどう畑に成長しました。
美しい自然と水のおかげで、現在プーリアはイタリア随一のオリーブオイルとトマトの生産地として知られており、
ヴェネト州に次いで、イタリアで2番目のワイン生産量を誇ります。


気候
プーリアは地中海性気候に属し、一年を通して安定した気候です。
夏は暑いですが乾いた風が吹き、冬は雨が少なく暖かく、青い空と海が美しい爽やかな場所です。


土地
プーリアの土は柔らかい石灰岩から成っている珍しい土です。地中の水は貯水され、ろ過されたのち、ミネラルが豊富な地下水となります。
ブドウの木は、この豊かな地下水から成長に必要な充分な栄養を得ることができます。